排水管の水漏れの原因と解消する方法について

排水管の水漏れの原因と解消する方法について 排水管で水漏れをしていると思ったときには、どういった対応をすべきかを知るのが肝心です。自分で直せるか、業者に依頼すべきか、さらには水漏れを予防するためにはどうすればよいかを知ることで、いざというときにも焦ることはなくなるでしょう。まずは適切な対応方法を知りましょう。

■なぜ排水管の水漏れは起こるのか

排水管 水漏れの原因の一つとなるのが排水パイプの詰まりです。排水パイプが詰まることで水の流れが悪くなり、最終的には流れなくなります。毎日使用する排水パイプであるため、髪の毛や異物などが詰まっていることも少なくありません。掃除しにくい排水パイプ内部に汚れが詰まり、接続部から水漏れを起こします。日々の生活のなかでしっかり掃除をしないと、自分では対処できないくらいひどくなる場合もあります。そして、接続部の緩みが原因である場合もあります。これは振動や衝撃などにより起こります。接続部はナットやパッキンで締めていることが多く、どうしても緩んできてしまいます。放置してしまうと、排水パイプの破損につながる恐れもあるため注意が必要です。
また、経年劣化も原因の一つです。排水パイプなどの耐用年数は10年から15年程度であり、経年劣化は避けることができません。もしも10年以上経過しているのなら、いつ排水管の水漏れが起こってもおかしくはありません。まずは業者に依頼してメンテナンスを行うのがおすすめです。

■排水管の水漏れを解消する方法
排水管の水漏れを解消する最も確実な方法は業者に依頼することです。どういった問題が発生しているのかを調べ、そのうえで適切な対応をしてくれるでしょう。ただ、自分で対応できる場合も少なくありません。業者に依頼する費用面に不安があるのなら、まずは自分で対応してみるのもよいでしょう。排水パイプの洗浄は重曹を使えばそう難しくはありません。ただ、多くの洗剤や洗浄剤を入れると石鹸カスなどが蓄積することもあります。少しずつ入れるということを忘れてはいけません。
接続部の緩みを直す場合は締めすぎないことを意識しましょう。これは排水パイプに余計な圧力をかける原因になってしまうからです。破裂や破損を引き起こしてしまうこともないわけではありません。部品の交換や取り換えも自分で対応できることがあります。同じ部品を購入することができれば直すことができます。分からない場合は量販店に足を運ぶのがよいでしょう。しかし、自信がない場合は自分で行わずに業者に依頼した方が安心です。自分で対処して余計にトラブルが起こってしまうこともあるので注意が必要です。

■排水管の水漏れ予防にはメンテナンスが大切

大切なことは排水管から水が漏れているときに適切な対応をすることではなく、未然に防ぐことです。予防する方法は難しいことではありません。一度に大量の水を流さないのは基本中の基本です。溶けにくいものを流さないことも大切であり、定期的に排水パイプ内の掃除もしないといけません。また、定期的に緩みや接続部をチェックすれば、緩みの問題もクリアできます。
ポイントはいかに排水パイプ内を詰まりにくく保つかです。水漏れ防止はもちろん、詰まりの防止にもつながるため、定期的なメンテナンスを心がけるようにしましょう。ただ、どれだけメンテナンスをしたとしても、排水パイプ内に汚れが溜まってしまうものです。自分で修理できる場合もあれば、業者への依頼が必要な場合もあります。

■まとめ
排水パイプ内の汚れはどんどん溜まっていくため、定期的なメンテナンスを心がけましょう。原因を知り、適切な対応方法を頭に入れておけば、自分で対処できるトラブルも増えます。自分で直せる範疇を超えている場合は業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース